前向きな社風に
惹かれて入社。
大事にしているのは
「現場」

キャリア採用

2013年入社

技術第二部 防災地質グループ グループ長

工藤 忠

社員は話しやすい人が多く、
仕事がしやすい雰囲気

学生時代に土木工学を専攻していたことから、この業界を志望しました。エーティックへの入社は、それまでの知識や技術が生かせることに加え、面接のときの雰囲気の良さが決め手になりました。実際に、社員はバラエティ豊かで話しやすい人が多く、相談も気軽にできて仕事がしやすいです。常に進化し続けようという前向きな気風が社内にあり、新しいことに対して積極的な会社だと思います。当社には、土木関連の専攻ではない人も多く入社しています。専門知識が豊富かどうかよりも、広い視野を持ち、社内外の人たちとコミュニケーションできる力のほうが重要だと思います。

分からなくなったら
とにかく現場に戻る

現在は、地すべりや斜面、トンネル、軟弱地盤、構造物の基礎調査・解析・検討などを行う防災地質グループのリーダーを務めています。現地調査や住民対応、現場管理といった現場での仕事に加えて、計画立案や結果とりまとめ、報告書作成等、業務は幅広いです。社内にある技術開発室と連携して新技術を試行するなど、他の部門と連携した対応もあります。何よりも大事にしているのは「現場」です。分からなくなったらとにかく現場に戻ります。同じ現場でも、再度訪れることで新たな発見があります。現場から帰って考え、考えた方法が本当に最善かを確かめるためにまた現場に行くということもあります。

趣味は庭づくり。
果物狩りやミニ公園

プライベートでは、以前から継続して「庭づくり」に力を入れています。小学生の子どもが2人いるので、子供たちが楽しめる庭にしたいと思い、家を建てた15年前から少しずつ変化させてきました。イチゴ狩りやブドウ狩り、花見、野菜収穫ができるスペース、鉄棒と砂場のあるミニ公園も造りました。遊具は安全面を意識した施工、日々のメンテナンスなど、仕事の経験も役立っています。庭に関しては自分の中に理想の完成形があるので、それを目指してこれからも進化させていこうと思います。DIYも趣味で、先日は子供のベッドを作りました。次に何を作るか考えるのも楽しいですね。

就活生へのメッセージ!就職がゴールではない。
入社してから成長
できるかどうかが大事。

ある一日のスケジュールONE DAY SCHEDULE

8:30

出社、札幌近傍の現場に移動

9:30

現場管理、及びボーリングコアの観察

11:00

住民あいさつ、周辺の現地踏査、問題点把握

13:00

原位置試験の現場管理

15:00

ボーリングの検尺立会

16:00

ホームセンターで現場資材を購入し、帰社

17:00

現場報告連絡(メール&電話)と翌日作業準備

18:00

別件対応

19:00

退社

他のインタビューを見るOTHER INTERVIEW